故郷での再会

  • 2014年02月14日

久しぶりに地元太田に戻る機会があったので、仲の良かった同級生数人と集まって飲むことになりました。かなり久々だったので話も弾んで楽しく飲んで解散しました。そのまま実家に帰るのもなんとなく寂しくて人恋しくなったので、デリヘル呼んで帰ることにしたんです。すぐ来れる子とだけ言ってホテルで待っていると、部屋を訪れたのは俺のタイプっぽい女の人でした。ただ、俺の顔を見てすぐにうつむいてしまったので嫌がられたかと思って顔を覗き込むと、なんか知ってる顔だったんです。シャワーに連れて行って濃く塗ってあった化粧を落とさせて、初めて中学校時代に初めて付き合った彼女だと気づきました。付き合ったと言っても手を繋いだりキスをしたりということも一切なく、数か月一緒に登下校をした程度の付き合いだったので、ここでこんな形で再開するなんてかなり複雑でした。でも、相変わらず可愛い彼女を見て欲情したのも事実でした。仕事感を出すのが嫌だったのか、甘えてきた彼女と普通にエッチをして別れました。結局、最後までお金は受け取ってもらえませんでした。

この記事を読んだ人は下記の記事も見てます

Copyright (c) 2017 群馬のデリヘル調査ファイル All rights reserved.