イメージ1

企業が商品やサービスを取引先に提供すると、売掛金が発生します。
このやり取りの中で重要視されるのが、入金のタイミングです。
取引先の企業からいつ入金がされるのかにより、取引元の企業は事業の運転資金を確保する必要があります。

入金待ちの売掛金が増えてしまい、キャッシュフローが悪化すると企業は資金不足に陥ります。
根本的には、いち早く売掛金を手にできる状況になれば、キャッシュフローは改善されます。
例えば、仕入れた商品を消費者に対面販売し、その場で現金を受け取る八百屋のような販売形態であれば、
入金待ちとなる売掛金は発生し辛いため、キャッシュフローは良好な状態となります。

イメージ2

しかしながら、通常の企業では売掛金が入金されるまでに多くの時間を要することがほとんどです。
大抵は商品・サービスを提供した翌月末に取引先の企業から代金が振り込まれる流れとなります。
そればかりか、2~3ヶ月、長い場合には半年以上先に入金となるケースも多々あります。
このような場合、取引先から売掛金の入金があるまでに大きなタイムラグが生じてしまい、
キャッシュフローが悪化することになります。
膨大な売掛金の支払いを待っている場合には、いち早く回収し資金を活用したいものですが、改善は困難です。

こうした取引先からの入金待ちの状況において役立つのが、売掛金の資金化ができるファクタリングです。
例えば、1年間に及ぶプロジェクトの入金が達成後となる場合、プロジェクトの進行中は入金がないため、
その間の資金繰りに困ってしまいます。

イメージ2

企業に余力があり、入金までの期間のプロジェクト費用をまかなえるようであれば問題ありません。
そうでない場合は短期で入金が見込める他のプロジェクトや、金融機関からの融資で補填をしなければなりません。
しかし、そのように都合良くプロジェクトが回るとは限りませんし、金融機関からの融資にも時間が必要となります。
さらに、当てにしていたはずの取引先からの入金が遅れたり、
倒産や事業のトラブルによって取引先からの入金が無くなったりする可能性も考えられます。
こうした状況において、売掛金さえあれば手早く資金化のできるファクタリングは有効です。
条件さえ合えば最短1日でファクタリング会社からの入金が可能なため、
急な資金繰りの際に適していますし、柔軟な対応が可能です。

イメージ2

ファクタリングは取引先の状況や入金の時期に左右されることなく資金調達が可能ですし、
融資とは異なり金融機関からの審査や、保証人や担保も必要ありません。
また、会社の経営状態の悪化や、赤字決算や債務超過、税金の滞納といったマイナスな要素のある場合にも利用が可能です。

企業のキャッシュフローが悪化している状況が続き、自転車操業状態となってしまうと、利益も生み出しにくくなります。
こうした支出が増え続ける状況において即効性のあるファクタリングで資金を得ることができれば、
キャッシュフローの改善につながることでしょう。

関連する記事は見当たりません…

関連する記事は見当たりません…