イメージ1

医療の業界ではファクタリングは馴染みやすいものらしいことをご存知でしょうか。
『ファクタリングのような怪しげなものに医療業界は手を出すのか?』
話を聞いただけでは、このような印象を持つ人が多いことでしょう。
しかし、ファクタリングという言葉が流行る前から、実はこの手の流れはあったものと考えられます。

まず、世間一般的に医療業界というものは需要が確実にあり、必要とされている存在に間違いはありません。
しかし、非常にお金が必要な業界であることは確かです。設備投資などは永遠の課題でしょう。
世の中にいる全ての人が顧客となり得る可能性を秘めている殿様商売ですが、ここにも悩みはあるのです。

イメージ2

医療の現場では、治療を行うことの対価としてお金をもらうものです。
しかし、利用者からすると事前に利用しようと考えていて来院する人は多くはありません。
利用者の何割かの人は突発的に病院を必要として来院するものと言えるでしょう。
すると、その日その場では手持ちのお金が少なく後々になっての支払いという、
診療/医療報酬債権が発生する状況が生まれてしまうのです。

イメージ3

一見するとこの状態は問題のある状況であると考えられますが、
医療業界では、ごく当たり前のことで『しょうがない』状態となります。
それもそのはず、払うお金が無いからという理由で病院に行かない人が出てしまっては問題だからです。
ですので、小規模な病院施設等では支払いが遅れてしまっても認めてしまう暗黙の了解があるのです。
誰もがこの状況に陥り、一度はこのルールに甘えたことがあるものでしょう。
とはいえ、これが普通で当たり前の状況なのです。
そうでなければ、人情も何もない厳しい世の中になってしまうでしょう。

イメージ4

さて、このような流れで生まれてしまう問題が、医療業界の収支です。
病院も特に特別なことはない世間にありふれた一種の会社組織です。
現場で働く多くのスタッフが存在していますので、人件費がかかります。
賃料もかかってくるでしょうし、設備費や雑費なども当たり前に存在しています。
営業利益があって初めて様々な面で帳尻が合うことが一般的だとは思いますが、
業界事情的なことを考慮しても、経営面の問題はどこの世界でも同じ課題なのです。

しかし、そんな医療業界も世間では法人です。
そうです、それだけ得をしている(負担が少なくなる)面がある訳です。
ですが、普通の会社がただ税金が安くなるだけのようなイメージではありません。
負担が少なくてよい分、スタッフのお給料は能力に見合う金額が必要となっています。
なんだかんだで人材がいなければ、病院も成り立たないでしょう。
結局は、どこも同じように人件費面などが支出の多くを占め切迫してきてしまうのです。

こうなってくると、お金の出入りはしっかりと計算していきたいところですが、
それが上手くいかない面も生まれてくるのが医療の現場なのです。

イメージ5

そんな医療現場には価値のある設備もあれば十分に評価できる環境もあることでしょう。
それでも、急に利用者を増やすようなことはできないので、発展性はあまり期待できません。
そもそも、利益を追求するようなサービスを提供するわけでもありませんので、
利用者が減ってしまうなど上手く回らなくなる状況ともなると、一気に雲行きは怪しくなってくるのです。

最終的に経営面をどうにか工夫をして改善をしていく必要が出てきますが、
結果的に、問題を緩やかに処理しようと考えた時にファクタリングの需要が存在してくるのです。

イメージ6

世の中に必須となる医療サービスは、概ね金額は決まっており一定の金額が支払われます。
その価値は時間が経過しても薄れるということもなく、請求面には何も問題がありません。
それが最も価値のある売掛金として存在していると考えてしまっても違いはないでしょう。

本来は設備投資面などで金融機関に相談して、経営全体を安定化させていくものでしょうが、
どこの世界でも同じですが、簡単に話が進むものでもなければ、目先の資金の工面にも活用できません。
根底の部分の収支に関しては、ファクタリングという形での融資が一般的になりつつあるようです。

とはいえ、医療業界は信頼があってこそ優位な面がありますので、
一般的な企業のそれとは事情が異なってくるかもしれません。

関連する記事は見当たりません…

関連する記事は見当たりません…