イメージ1

ファクタリングを利用しようとした場合には売掛金が必要になります。
この売掛金の額に応じて手数料も変化してくるものですので、
取引をする金額によってどの程度の違いが生まれるのかを考えてみましょう。

■少金額①:~5万

イメージ2

ファクタリング会社からするとあまり好まれる額ではありません。

一般的な広告業者が取り扱う最低金額程度のレベルとなるでしょう。
広告事業等は代理店にマージンを取られるものです。
その手数料は5万規模のもので概ね20~30%ほどです。

そのような規模感の費用と同じように考えると、
少額のやり取りで掛かってくる手数料は、1万~1.5万円程度になると考えられるでしょう。
割合にして考えてみると3割にもなるので、かなり高いものになります。
少額な取引の方が労力に見合う手数料がそれなりに掛かってくるものだろうと考えられる為、
ここは、納得をせざるを得ない部分があるかもしれません。

■少金額②:5~10万

イメージ2

少額①の倍になりますが、このくらいの金額のやり取りが一番多いかもしれません。
この規模の売掛金を、1点だけではなく数点を合わせて契約している場合が多いでしょう。

10万円を基準として考えることが出来そうなので、手数料も多少落ち着くと考えられます。
概ね一般的には、15~20%程度が相場になるだろうと考えられます。
ファクタリング会社が手数料として得る利益は、売掛金1点に対して1~2万円ほどでしょう。

■中金額①:10~20万

イメージ2

そこそこ取り引きの金額が大きくなりますので、このあたりから手数料の割合は分かりやすく減ります。
少金額②からは手数料は若干減り、10~15%になるだろうと考えられます。
手数料の割合は減って行くものと考えられますが、売掛金1点に対しては、2~4万円ほどになるでしょう。

■中金額②:25~50万

イメージ2

このあたりで、それなりにしっかりとした金額となってきました。
取り引きの金額自体が大きくなってきますので、まとまった金額を元に考えていけるでしょう。
元が大きくなりますので、手数料の割合が低くてもファクタリング会社は利益が出しやすくなります。
10%程度が手数料として取られるのではないかと考えられ、金額にすると2.5~5万円になるでしょう。

■大金額①:100万

イメージ2

ファクタリングを利用して効果が大きい金額はこのくらいの規模でしょう。
それなりに大きな金額を工面できれば、明らかに企業の経営状況は安定します。
とはいえ、利用者側としては金額が大きくなった故に手数料で赤字が発生しても意味はありません。
ですので、手数料の割合は8%程度まで下がる傾向にあり、金額に換算すると8万円程度になると考えられます。
この程度の金額になってくると、ウインウインな取引に感じられてくるかもしれません。

■大金額②:200~300万

イメージ2

取り引き金額が増えるにつれて手数料も下がりそうな気がしますが、下がらないでしょう。
ファクタリング会社は、手間やリスクを考えて手数料を設けていると考えられますが、
大きな取り引きともなると、貸す側の負担というものも目に見えて出てくるものです。
ですので、あまり変化はなく8%前後になると考えられます。
少なくとも20~25万円分くらいが手数料となる取り引きになるでしょう。

■それ以上

仮に1000万の取り引きともなると、さすがにやりとりする金額が単純ではありません。
10%は手数料となりそうですし、場合によっては15%というファクタリング会社もありそうです。

イメージ2

以上の様に、取り引き金額ごとに手数料が比例していくわけではなく、
ケースバイケースで、売掛金の価値が変化してくるものであると考えられます。
ファクタリング会社の立場になって考えると分かりやすいですが、
労力が見合わなければ金額は高くなりますし、リスクが高くても金額は高くなります。
ですので、それほど金額の大きくない何点かの取り引きを合わせたかたちの方が好まれそうです。
ファクタリング会社が最も価値を見出しやすい取り引きを選択できた方が良いでしょう。

例に挙げさせていただいた会社様の場合はあくまでも、一般的な話ですので、
利用する会社によっては、手数料が増える可能性も十分にありますので、ご注意ください。

ファクタリング会社を選ぶ場合、実際にどのような点を考慮して選ぶべきか迷いますよね。今回はどのような点に注意をすべきかを少しだけ解説いたします。 【手数料】 基本的にはサービスを利用するにあたっての手数…>>続きを読む

ファクタリング会社の選びの基準

ファクタリングは問題がないサービスなのかどうなのかについては、知名度もイメージもまだまだ浸透してきていない状況でしょう。とはいえ、基本的にはお金を工面する新たな手段の1つとして、一般的なものになる日も…>>続きを読む

実はヤバい!?利用は慎重に考えるべき

ファクタリングを活用したいと考えている人の中には、個人で利用したいと考えている人もいることでしょう。しかし、残念ながら個人では活用できないと言ってしまっても過言ではありません。というのも、個人で利用す…>>続きを読む

ファクタリングは個人でも利用可能!?

ファクタリング会社を選ぶ場合、実際にどのような点を考慮して選ぶべきか迷いますよね。今回はどのような点に注意をすべきかを少しだけ解説いたします。 【手数料】 基本的にはサービスを利用するにあたっての手数…>>続きを読む

ファクタリング会社の選びの基準