イメージ1

ファクタリングを活用したいと考えている人の中には、個人で利用したいと考えている人もいることでしょう。
しかし、残念ながら個人では活用できないと言ってしまっても過言ではありません。
というのも、個人で利用するその『個人』という部分に若干認識が変わる部分があるからなのです。

① 個人の給与に関して

イメージ2

会社員の給与に関してファクタリングが活用できるのではないかと考えてしまう人は多いでしょう。
明細も十分な売掛金として活用できそうな気もしますが、答えはNOです。

冷静に考えてみれば分かりますが、これはただの金欠です。
他企業との取り引きで発生するお金のやり取りとは意味合いが違うことが分かるはずです。

もしも、お金が必要であれば、こういう時に活用すべきなのは消費者金融です。
それを利用したくないからファクタリングを利用できないかというのは、理屈が通じないでしょう。

真っ当な理由であれば金融機関に相談の上でローンを組むなどということになるでしょう。
個人でお金が必要という理由だけで、ファクタリングにまで話は展開できません。
多くの場合②と勘違いしている場合が考えられるでしょう。

② 個人事業主に関して

イメージ2

個人であってもこちらは意味合いが変わってきます。
他の企業とのやり取りを経て、事業の運営資金を確保する必要がある為です。

個人事業主は会社を持たない会社のようなものですので、
当然、請求書といった売掛金として成立するものが存在するわけですから利用可能です。

③ 例外

イメージ2

上述したように基本的には個人でのファクタリングの利用はあまり提供されていない場合が多いです。
昨今では『給与債権』という形でファクタリングを利用できる場合も出てきています。
※ちなみに給与債権とは、差し押さえなどの対象として使われる言葉のようです。

しかし、活用する上でのどのような違いがあるのかが重要になってきます。

消費者金融で30万円を借りて上限額で計算した場合、月々の返済は金利1.5%となり、4,500円となります。
これを1年間で完済すると仮定した場合には、年利18%となり返済額は54,000円になります。

そうなると、ファクタリングで30万円の給与を売掛金とした場合の、
手数料がいくらになるのかが比較のポイントとなる事でしょう。

スポットで手数料を取る分にはどの程度の金額であっても問題はなさそうですが、
消費者金融などと比較して、年利計算に当てはめると法外な割合になってしまいます。

イメージ2

これらを頭に入れて、どの程度の手数料が掛かってくるべきなのかを理解していれば、
ファクタリングの手数料の程度が十分に把握できるのではないでしょうか。

資金繰りに活用できる分には申し分がないサービスですが、
一時的にはややお高い手数料を取られるようにも感じられるかもしれません。

医療の業界ではファクタリングは馴染みやすいものらしいことをご存知でしょうか。『ファクタリングのような怪しげなものに医療業界は手を出すのか?』話を聞いただけでは、このような印象を持つ人が多いことでしょう…>>続きを読む

医療業界ではファクタリングが割と主流?

ファクタリングを利用しようとした場合には売掛金が必要になります。この売掛金の額に応じて手数料も変化してくるものですので、取引をする金額によってどの程度の違いが生まれるのかを考えてみましょう。 ■少金額…>>続きを読む

売掛金として価値がある金額はいくら?

事業資金が不足している状況が続いている上に、金融機関からの借り入れも困難な状況の事業者の方は、 少なくないのではないかと思います。しかしながら、融資を行う金融機関の立場からしても、事業者側にきちんとし…>>続きを読む

金融機関からの融資とは何が違うのか?違法性や問題は?