イメージ1

ファクタリングの会社を調べようとしても多くの場合、ファクタリング企業自体が運営するブログやメディアサイトなどが目に付くだけで、公平性のあるランキングサイトや口コミサイトなどはほとんど見受けられません。

本来であれば、こういったサイトが1つでも存在していればかなり人気のあるサイトとなっている可能性があるものですが、それが無いことが現実です。

一部に紹介/仲介を謳うコンシェルジュサービスを行うサイトも存在しています。

しかし、これらのサイトもそのほとんどが広告掲載や登録などでファクタリング会社を相手にしたお金稼ぎの意味合いでしか存在していないだろうと考えられます。

つまり、「利用者を増やそう」「業界の認知度を高めよう」とう目的では運営がされていないわけです。

もちろん、個人で運営をされているわけでもないでしょうし、やや偏よりのあるファクタリング会社の紹介をしているのではないかと考えられるででしょう。

しかし、実際に紹介/仲介をしてくれるサイトがあったとした場合、この手のサイトの目的はどのような部分となるのでしょうか。

これは非常に分かりやすく、利用者を紹介/仲介することでマージンを得ているはずです。

ただでさえ利用者はファクタリング会社に手数料を取られるサービス形態となっているわけですので、そこに紹介/仲介マージンが含まれてくると考えると、利用者目線では嬉しいものではないでしょう。

例えば、利用者に対してファクタリングサービスを提供している会社が売掛金の5%を手数料として引くとなる場合、紹介サイトが間に入ることによって発生するマージンは、手数料の部分に含まれると考えてしまうことが一般的です。

売掛金が200万円で手数料が5%(10万円)だと、手数料の5%の中から2割ほどマージンが引かれるとするならば、紹介料は売掛金に対して1%(2万円)となるでしょう。

しかし、このような素直なやり取りが実際に行われているとは考えにくいです。

ですので、実際は利用者が負担することとなる手数料部分を1%増やして6%などにして、紹介会社のマージン分となる資金を生み出していることでしょう。

そうでなければ、ファクタリング会社側も損をしてしまうだけですので、当たり前なのかもしれません。

つまり、紹介をするサイトや会社が代理店のような形となり集客を担っている目的がある訳ですので、お金の動きは必ずあるものと考えられます。

出なければ、ファクタリング会社を紹介する純粋なサイトはただのボランティアになってしまうからです。

ファクタリングを初めて活用する利用者であれば、右も左も分からない状況での案内は非常に頼もしいものでしょう。

しかし、一度利用をしてしまうと、紹介料は延々を発生すると考えられますし、改めて利用をする場合であっても顧客として成立する限り、マージンは発生し続けてしまうのです。

ですので、有効な利用方法としては、初めての利用は紹介会社を介してファクタリングのいろはを学び、それ以降は直接ファクタリング会社を選択して問い合わせた方が、手数料を抑えることが可能になるはずです。

世間的にはビジネスというものが成立しているものになりますので、利用者の見えないところでお金は動くものです。そのあたりをしっかりと頭に叩き込んでファクタリングを有効活用した方が良いでしょう。

ファクタリングを利用する場合、信用情報というものが気になるものです。 普通に考えると、ファクタリングを活用したい利用者自体に対する社会的な信用性のことであろうと思います。 単純にお金の融資に関わるやり…>>続きを読む

信用情報は売られている可能性がある?

『ファクタリング』をウェブ検索すると、業界のなかでも有力となるようなファクタリング会社のサイトが出てくるものだろうなと思って検索をするはずですが、結果はまったく違います。 他の一般的な検索と同じように…>>続きを読む

結局のところ重要なのは業界説明だった!?

ファクタリングの業界は非常に競合サイトが多く、簡単には露出を増やすことはできません。 その理由は、様々なサイトを絞り込む要素が少ないからです。 通常であれば、企業サイト/ポータルサイト/ブログ等の多く…>>続きを読む

ファクタリングの業界は難易度が高い!?

ファクタリングで気になってしまう点としてあるのが『取引先の会社/企業が倒産してしまった場合でも利用できる』という謳い文句でしょう。 普通に考えると、売掛先の会社/企業が倒産してしまっては、お金の流れが…>>続きを読む

なぜ売掛先の会社が倒産しても利用できるのか