イメージ1

ファクタリングは、銀行からお金を融資してもらってそれを返済をするだけというイメージとは少し違っています。

利用することで、資金のフローのタイミングを調整できるに過ぎません。

その手助けをしてもらっているのがファクタリング会社になる訳ですが、何もリスクがないかと言われると『ある』と考えておくことが自然であるといえるでしょう。

ファクタリングは、既に何かしらの入金予定(売掛金)が存在しなければそもそも利用はできません。

つまりは、何かのビジネス展開を考えての新規の資金投資をしてもらうという目的では使用できないものなのです。

しかし、真っ当な経営をしている会社であれば、絶対にお世話になる事はないものです。

ですので、何かしらの経営状況の不備がある会社かどうかがすぐに分かってしまうものなのです。

ファクタリング会社を利用しなければ、経営状況が安定しない会社であるならば、そもそも問題であることは間違いないでしょう。

仮にファクタリングを利用することによって、経営状況が安定するとしても、本来得られるはずの収益の一部を手数料として無駄に払っている可能性があるとするならば、その時点で経営の方針に疑問を抱かずにはいられないのです。

要するに、ファクタリング会社が相手にする多くの企業は100%まともな会社ではないのです。

ファクタリングサービスという新しい金融サービスは、資金力のある大きな会社が母体となっているファクタリング会社がほとんどです。

表面上ではそれぞれ一つのファクタリング会社にすぎませんが、裏には銀行や消費者金融などの会社も存在していると考えられます。

つまりは、ファクタリング会社に関わること自体が、世の中に『ウチの会社は怪しい動きをしています』と伝えてしまっているようなものなのです。

こういうところをしっかりと考えて利用しなければ、後々になってまともに銀行の融資などを受けたい状況になっても受けられないなんてことにもなりかねないでしょう。

※利用事実の情報を横流しされれば、企業の信用情報は傷ついてしまうでしょう。

とはいえ、ファクタリングは決して悪いサービスではありません。一般の銀行もサービスを提供しています。

「それならば、悪いサービスではないのでは?」と考えがちですが、そもそも利用する会社を選んでいるものなのです。

例えば、医療機関等になってくる場合、期待できる収入や環境は十分に良い条件が揃っていたとしても、支払いの持ち出しなどが存在してしまっていることがあります。

世間的にも、必要で求められる優良な公共施設であるにも関わらず、実際は支払い事情などで経営状況に困ってしまっていることが多いです。

これらを正規なかたちでサポートしようというものが、銀行等が提供するファクタリングサービスなのです。当然銀行も信用できる優良取引先として歓迎するものでしょう。

このような状況と同じように一般の企業も利用できるという流れを作ってしまっているのが、今巷に溢れている多くのファクタリング会社です。

バックボーンが反社会的な会社であったり、悪徳業者であったりと、様々な会社が進出してきていると考えられます。

ファクタリングサービス自体が悪いとは言いませんが、やはりグレーな業界であろうとは疑ってしまうものです。

ファクタリングを利用していると、どうしてもぶち当たる壁が、返済です。 返済といっても、ファクタリングではそんなものは無いのでは?と感じることも多いでしょう。 取り引きのイメージを改めて整理しましょう。…>>続きを読む

悪徳業者には注意せよ!

ファクタリングのサイトを見ると、どこのサイトもブログやコラムといったコンテンツを設けているようです。 これは単純に多くのファクタリングサイトが自身のサイトから発信する情報だけでは、重要なサイトとしての…>>続きを読む

ブログ/コラムがあるサイトが多いのは何故!?

ファクタリングを利用していると、どうしてもぶち当たる壁が、返済です。 返済といっても、ファクタリングではそんなものは無いのでは?と感じることも多いでしょう。 取り引きのイメージを改めて整理しましょう。…>>続きを読む

悪徳業者には注意せよ!

事業資金が不足している状況が続いている上に、金融機関からの借り入れも困難な状況の事業者の方は、 少なくないのではないかと思います。しかしながら、融資を行う金融機関の立場からしても、事業者側にきちんとし…>>続きを読む

金融機関からの融資とは何が違うのか?違法性や問題は?