イメージ1

ファクタリングで資金調達ができるといっても実際にどのくらいの金額の取引が可能なのでしょうか。

まず、ファクタリングの利用者は「一般企業」「個人事業主」「個人」の3つのパターンに別れます。

「一般企業」と「個人事業主」に関しては、世間に溢れる企業そのものなので同じ扱いのようなものでしょう。

ただし、個人事業主に対しては事業規模や取引規模が小さいイメージがある為、その点だけが若干不利かもしれません。

各企業がどの程度の規模で事業を展開しているかによって信用の度合いが変化しているはずでしょう。

「個人」に関しては、最近流行りの給与ファクタリングといった類のものになるはずです。

個人的な見解としては、消費者金融で一時的にお金を借りることと大差はないと思うので、割愛します。

さて、それではファクタリングサービスを利用するとどの程度の金額のやり取りとなるのかを考えていきましょう。

まず、50万程度の場合、間に入るファクタリング会社は1~2割程度の手数料を取るはずです。

「5万もとられるの?」と考えてしまいますが、仮に2%の1万円だとした場合、ファクタリング会社はまともにやっていけません。

これでは、5000万円のお金を用意しても、月に100万円の収益しかえられないわけですからね。

10%だと考えれば、5000万円のお金が動いたとすれば、500万円の収益が期待できます。

しかし、実際に膨大な金額を用意して100社ほどに融資した結果、500万円では可もなく不可もなくといった金額でしょう。

というのも、取引する金額が少額になればなるほど信用性が下がるものなので、その分手数料も多くなりますが、貸付金を回収する労力もかかることになる為、取引の規模に対してハイリスクハイリターンな考えが生まれるからなのです。

逆に、大きな金額でのやり取りとなる場合の方が、利用側の会社の事業規模も大きくなり世間的な信用性も高くなります。取引金額が大きくなり信頼性が高くなる分、手数料は下がることが考えられますが、ファクタリング会社からすると、ローリスクローリターンな良い取引となる事でしょう。

ファクタリングややり取りをする金額の幅はピンキリですが、即日の内に高額なやり取りができるのは、さすがにしっかりとした会社だけになるだろうと考えられます。

逆に、個人や中小企業など、100万円未満の金額でのやり取りとなると、手数料の増加したり、審査までの時間が掛かったりしてくると考えられます。

そのあたりが、一緒くたに『即日の内に〇〇万円の融資が可能!』と謳われていることが多そうですが、実際はファクタリング会社も慎重にならざるを得ない部分もあり、温度感は変わってしまうものでしょう。

そこそこ大きめの一般企業が、200~300万円程度の金額の取引で利用するのが一般的で基準となるものだろうと考えられます。

事業資金が不足している状況が続いている上に、金融機関からの借り入れも困難な状況の事業者の方は、 少なくないのではないかと思います。しかしながら、融資を行う金融機関の立場からしても、事業者側にきちんとし…>>続きを読む

金融機関からの融資とは何が違うのか?違法性や問題は?

『ファクタリング』の代名詞と言えば「売掛金の売却」ではありますが、最も人気があり多くの人が興味のある内容としては、「どの程度の短期間で資金の融資を受けることが出来るのか?」です。 ファクタリングを活用…>>続きを読む

早期資金化が最大のウリ!

『ファクタリング』の代名詞と言えば「売掛金の売却」ではありますが、最も人気があり多くの人が興味のある内容としては、「どの程度の短期間で資金の融資を受けることが出来るのか?」です。 ファクタリングを活用…>>続きを読む

早期資金化が最大のウリ!

ファクタリングを利用していると、一般的な取り引きの金額がどの程度のものなのかあまりイメージが付かないでしょう。 とはいえ、金額の大小によってファクタリングを利用する必要があるかの状況は明らかに違います…>>続きを読む

少額/低額の取り引きはあまり歓迎されない!?