イメージ1

ファクタリングで気になってしまう点としてあるのが『取引先の会社/企業が倒産してしまった場合でも利用できる』という謳い文句でしょう。

普通に考えると、売掛先の会社/企業が倒産してしまっては、お金の流れがなくなってしまう訳なので、ファクタリング会社も利用者も双方に取って都合の悪い状況でしょう。

通常であれば、お金を回収する当てがなくなる分、ファクタリング会社と利用者との間の契約も破棄されると考えることが真っ当です。

「2社間ファクタリング」の場合は、ファクタリング会社が直接的に売掛先会社とのやり取りをしないものの、審査をしてしっかりと契約をしていることになるので、契約の通りファクタリング会社から利用者にお金は支払われます。しかし、利用者は売掛金の回収が出来ず資金調達が不可能となる為、返金は不要(返済不要)となります。

※詳しくは『償還請求権』の記事を参照

ここで、仮に貸した資金をそのまま返す流れがあったとしてもおかしくはありませんが、それを行った際には、利用者側の会社も連鎖倒産しかねない状況を誘発しかねません。一つの会社が倒産をするということは、様々な会社への影響も考えられます。その為、このケースではファクタリング会社は資金を融資したまま回収は出来ないこととなり、丸損をすることになります。

「3社間ファクタリング」の場合も概ね同じです。ファクタリング会社が売掛先との間に直接入りお金の回収をする立場となりますので、倒産してしまい回収できない状況となってしまうことは、ファクタリング会社の審査判断ミスとなるでしょう。ですので、利用者に先に融資した資金はこちらも回収はされず返済不要です。こちらの方が、客観的にも納得ができる内容でしょう。

とはいえ、これではファクタリング会社は非常にリスクのある状況であり、ビジネスモデルとして成立するサービスとは言いにくい気もします。

ただ、ここに関しては少しだけ納得できる部分もあります。

全ての一般企業は、何かしらの悪い状況が重なってしまえばいつでも倒産してしまう危険性はあります。それは、調べつくしても予期できない部分もあるでしょう。

そもそも、そのような状況にさらされている可能性がある立場となるのが、ファクタリングサービスを利用する側の会社と言えるでしょう。

つまり、ファクタリングを利用する会社自体が、一たび状況が悪くなれば資金繰りに困窮して倒産する可能性がある会社であるといえるからです。

ファクタリング会社は、利用者側企業が安心できるように、売掛先から利用者側への資金回収状況に問題がなければ、利用者側から数%の手数料を回収することで、利用者側企業を養分として延々と利益を得ることが出来るからです。

ファクタリング会社側も企業ですので当然の考えですが、利用者側企業が助けられているというよりは、生かされているとも考えられそうです。

そのリスクヘッジとして、どの程度の期間でリスクがなくなるかを手数料の金額でバランスを取っているはずです。

売掛金が50万円である場合を考えていきましょう。手数料は10%の5万円で計算します。

1回目のやり取りは問題なく、2回目の時点で倒産をしたとします。

そうなると、50万円の融資をして回収できたのは5万円だけなので、損失は45万円です。

この場合は、問題なく取り引きが継続していったとしても明確にリスク回避をするまでには10ヶ月間掛かることになります。

10ヶ月の期間があれば、倒産が関わってくる場合も考えられるでしょう。ですので、ファクタリング会社は手数料を上げるのです。

おそらく少額の融資となる場合、手数料は8%程となり、6ヶ月ほどの回収スケジュールを設定していることでしょう。

このように、倒産というものが密接に関わってくるファクタリングの業界には、様々な面に関係してくる要因があるのです。

ファクタリングの業界は非常に競合サイトが多く、簡単には露出を増やすことはできません。 その理由は、様々なサイトを絞り込む要素が少ないからです。 通常であれば、企業サイト/ポータルサイト/ブログ等の多く…>>続きを読む

ファクタリングの業界は難易度が高い!?

ファクタリングを利用していると、どうしてもぶち当たる壁が、返済です。 返済といっても、ファクタリングではそんなものは無いのでは?と感じることも多いでしょう。 取り引きのイメージを改めて整理しましょう。…>>続きを読む

悪徳業者には注意せよ!

資金調達に悩み、あらゆる方法を検討・調査した際に、ファクタリングについて初めて知る経営者の方は多いであろうと考えられます。 ただ、一体どのようなファクタリング業者を選ぶべきかお悩みの方も多いかと思われ…>>続きを読む

ファクタリング会社を評価する口コミサイトの信頼性

ファクタリングの会社を調べようとしても多くの場合、ファクタリング企業自体が運営するブログやメディアサイトなどが目に付くだけで、公平性のあるランキングサイトや口コミサイトなどはほとんど見受けられません。…>>続きを読む

仲介サイトが存在している理由