イメージ1

ファクタリングを利用していると、一般的な取り引きの金額がどの程度のものなのかあまりイメージが付かないでしょう。

とはいえ、金額の大小によってファクタリングを利用する必要があるかの状況は明らかに違います。

例えば30万円の取り引きとなる場合、これらは少額の部類になります。もちろん、30万円も十分大金である事には変わりありません。

しかし、30万円の少額取り引きを行った利用者のことを考えると、一般的には30万円の金額の有無でその会社がどうこうなるものではないだろうと予想がつきます。

つまり、どの程度の金額であればファクタリングを利用する値するのかが明確に別れるのです。

簡単に考えてしまうと、ファクタリングを利用しなくともどこかでお金を工面出来てしまえば、どうとでもなると考えてしまうと良いかもしれません。

目的は違えどそのような状況を判断すると、一時的に小さな少額であってもファクタリングをしたい何かしらの理由はあるにせよ、ファクタリング企業から足元を見られてしまう可能性は十分にあるといえるでしょう。手数料が高くついたりと、あまり良い面はないかもしれません。

とはいえ、ファクタリングの取り引き自体は売掛金(送っている請求書)の金額に依存してしまうため、少額な取り引きも10個に増えれば十分に大きな金額となる事でしょう。細かい金額の取り引きを行っている会社からすると、重要な一つの金額となるはずです。

とはいえ、ファクタリング会社からすると手数料を多く取れる良い取り引きであることには変わりありません。

昨今では、個人で行える給与ファクタリングというものも存在していますので、少額の取り引きであったとしても十分に成立するでしょう。

少額のファクタリングで少しだけ注意して欲しい点としては、手数料の割合です。

というのも、少額ファクタリングの場合、手数料は全体の金額から見ても大きな割合になってきてしまいます。

これを一般的な金融機関からの借り入れ/キャッシングなどと比べると年利がおかしな金額となってしまいます。

ファクタリングであれば、返済が滞るというようなことが起きづらいものにはなりますので、放っておいても利息が増えていくなんてこともないでしょう。

しかし、手数料として支払わなければならない金額としては、非常に割が高いものとなるので注意が必要かもしれません。

少額な取り引きだからこそ、審査が通りやすい/通りにくいというものはありませんが、そもそも売掛金の内容が取り引きに見合うかどうかをしっかりと判断してサービスを利用した方が良いかもしれません。

『ファクタリング』をウェブ検索すると、業界のなかでも有力となるようなファクタリング会社のサイトが出てくるものだろうなと思って検索をするはずですが、結果はまったく違います。 他の一般的な検索と同じように…>>続きを読む

結局のところ重要なのは業界説明だった!?

ファクタリングの業界は非常に競合サイトが多く、簡単には露出を増やすことはできません。 その理由は、様々なサイトを絞り込む要素が少ないからです。 通常であれば、企業サイト/ポータルサイト/ブログ等の多く…>>続きを読む

ファクタリングの業界は難易度が高い!?

ファクタリングサービスをご存知の方であれば、『本来得られるお金よりもちょっと減ってしまうけど早くお金が手に入る』という認識があるはずです。 一見、非常に都合の良い喉から手が出るほど嬉しいサービスである…>>続きを読む

売掛金の資金化で引かれる手数料の考え方

ファクタリングで資金調達ができるといっても実際にどのくらいの金額の取引が可能なのでしょうか。 まず、ファクタリングの利用者は「一般企業」「個人事業主」「個人」の3つのパターンに別れます。 「一般企業」…>>続きを読む

資金調達の基準はどのくらいの金額?