イメージ1

『ファクタリング』の代名詞と言えば「売掛金の売却」ではありますが、最も人気があり多くの人が興味のある内容としては、「どの程度の短期間で資金の融資を受けることが出来るのか?」です。

ファクタリングを活用したいと考えている人の多くは、「入金日を待っていたら資金繰りが上手く行かないので、できるだけ早く融資を受けたい」という考えがあるでしょう。

普通に考えれば、少しでも早ければそれだけで状況が改善する可能性があり、ファクタリングを活用する意味も生まれるものです。

しかし、不思議とファクタリング利用者の多くは、10日~半月といったキャッシュフローの調整だけでは納得しないケースが多いようです。

つまりは、利用者の多くはキャッシュフローに若干の余裕を作りたいということではなく、そもそも即日の内に融資を受けたい会社/企業が大半のようです。

「売掛金の売却」も重要なことですが、『早期に融資して欲しい』『早期資金化をしたい』という目的が圧倒的多数な状況となっている様なのです。

確かにウェブ検索等をすると分かりますが、何かと資金融資までの期間やその短さを謳い文句にしているファクタリングサイトが非常に多いです。

そのため、ファクタリングの業界ではお決まりのフレーズのごとく『早期資金化』という表現をよく目にするのです。

とはいえ、ファクタリングを利用する側もサービスを提供する側も、そのような状況は当たり前であり、審査&融資までに1ヶ月間もかかるようなやり取りはそもそも存在していません。

よほど、審査に慎重になったとしても、最長で2週間程度なのではないでしょうか。

そうなると、融資までの平均的な期間は5~10日間程度であると考えられます。

それ以上の早さで審査が完了する場合もありますが、早い場合も遅い場合も審査までの準備に不備があったりすることがほとんどです。

ファクタリング会社によって審査条件はバラバラですが、必要書類をしっかりと用意して契約に臨むことが出来れば、合否に関わらずそもそも長期間の審査とはならないことが考えられます。

しっかりと問い合わせをしつつ下準備として必要な書類を用意して交渉のテーブルに付きさえすれば、早期資金化も割と容易かもしれません。

そして、ファクタリング会社もその準備をしっかりとして待ち構えているものと考えられます。

ファクタリングで調べてみると『売掛金の売却』という表現が一般的です。 分かりやすく表現してしまうと、請求書に伴う支払の権利を第三者に売却するということです。 そうはいっても分かりにくいのがファクタリン…>>続きを読む

債権の売買とはどういうものなのか

ファクタリングで資金調達ができるといっても実際にどのくらいの金額の取引が可能なのでしょうか。 まず、ファクタリングの利用者は「一般企業」「個人事業主」「個人」の3つのパターンに別れます。 「一般企業」…>>続きを読む

資金調達の基準はどのくらいの金額?

ファクタリングを利用しようとした時に、サービスを提供するファクタリング会社/企業を調べようとすると、そのほとんどが東京都内に事務所を構える会社ばかりであることに気づくでしょう。 概ね業界の9割5分以上…>>続きを読む

ファクタリング会社は殆どが東京!?

ファクタリングサービスをご存知の方であれば、『本来得られるお金よりもちょっと減ってしまうけど早くお金が手に入る』という認識があるはずです。 一見、非常に都合の良い喉から手が出るほど嬉しいサービスである…>>続きを読む

売掛金の資金化で引かれる手数料の考え方