イメージ1

ファクタリングサービスをご存知の方であれば、『本来得られるお金よりもちょっと減ってしまうけど早くお金が手に入る』という認識があるはずです。

一見、非常に都合の良い喉から手が出るほど嬉しいサービスであることには間違いありません。

しかし、本当にこれが良いサービスであるのかは一長一短であるような気がします。

結論からいうと、『先立つものがあれば一発逆転を狙える』というくらいの事業計画性でもない限り、「ファクタリングでお金の流れを工面したところでどうなるの?大丈夫なの?」という話なのです。

まず、一般的な金融機関から融資をしてもらった場合のことを考えましょう。

仮に100万円の融資を受けることが出来た場合、当然そのお金は返済をしなければなりませんが、負担は数%のレベルです。

事業がイマイチ成功せず、横ばいで損も得もしなかったとしましょう。
その場合には、利息を合わせてそのまま借りた額を返せば良いことになります。負担も大きくないわけです。

逆にファクタリングの場合、100万円の売掛金を早期に資金化することで、手数料5万円がかかるとします。

つまり、手元には早めにお金が手に入りますが、初めから手数料分の5万円は浪費してしまうことになります。

「金融機関の融資」と「ファクタリング」では
『新たに自由に使える+100万円を如何に増やすことが出来るか』と
『若干減った収益を早めに確保して、それを元にどのくらい増やせるか』、という違いがあります。

金融機関は、融資された金額をそのまま返済に充てる選択もできるので、実はあまりリスクはありません。
しかし、ファクタリングは確実にお金が減ってしまうことが確定しているものなのです。

ファクタリングで、100万円の売掛金を売却して95万円を得ることは、
実質的に、金融機関に100万円を借りて105万円で返すことと同じかもしれません。

厳密には、多くのお金を返せる当てがあってお金を借りることではなく、
収益が少なくなってもいいから早くお金/資金が欲しいというかたちで、そもそもの動機が異なります。

要するに、ある程度の資金が減ることが前提となっていることには、両社で違いはないのです。

もちろん、お金を工面することに対してのハードルは全く違います。

こう考えると、資金繰りに困窮している状態でファクタリングを利用することは、
そもそもお金が減ることを憂慮すると、一時的にお金を得ることにしかならず、
目的によっては選択を誤っている可能性があります。

すると、そもそもファクタリングを利用することを推奨できる状況としては、
『本当に一時的に早くお金を得たいと考えている状況かつ、そもそも損をしない状況の利用者であること』が条件になりそうです。

つまりは、公的な医療機関などのためにあるサービスということなのかもしれません。

そんなことをいっても、ファクタリングを利用する多くの企業は、今まさに倒れんとする瀕死ギリギリの企業ばかりでしょう。

ファクタリング会社/企業もそのあたりの利用者を餌食にしているだろうと考えられますが、真っ当な状態であれば利用するサービスではないのかもしれません。

ファクタリングで調べてみると『売掛金の売却』という表現が一般的です。 分かりやすく表現してしまうと、請求書に伴う支払の権利を第三者に売却するということです。 そうはいっても分かりにくいのがファクタリン…>>続きを読む

債権の売買とはどういうものなのか

資金調達に悩み、あらゆる方法を検討・調査した際に、ファクタリングについて初めて知る経営者の方は多いであろうと考えられます。 ただ、一体どのようなファクタリング業者を選ぶべきかお悩みの方も多いかと思われ…>>続きを読む

ファクタリング会社を評価する口コミサイトの信頼性

『ファクタリング』の代名詞と言えば「売掛金の売却」ではありますが、最も人気があり多くの人が興味のある内容としては、「どの程度の短期間で資金の融資を受けることが出来るのか?」です。 ファクタリングを活用…>>続きを読む

早期資金化が最大のウリ!

ファクタリングで資金調達ができるといっても実際にどのくらいの金額の取引が可能なのでしょうか。 まず、ファクタリングの利用者は「一般企業」「個人事業主」「個人」の3つのパターンに別れます。 「一般企業」…>>続きを読む

資金調達の基準はどのくらいの金額?